FC2ブログ
長楽未央
ここだけのはなしオンライン・・・ MMOプレイ日記、笑えたできごと日記など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい年を

マイルス・デューイ・デイヴィス三世
(Miles Dewey Davis III, 1926年5月26日 - 1991年9月28日)
アメリカ合衆国のジャズトランペット奏者。アルバム『カインド・オブ・ブルー』『ビッチェズ・ブリュー』などで知られる、モダン・ジャズの“帝王”。クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した。
マイルスのトランペットのプレイのおおまかな特長としては、ミュートを(1940年代後半〜1950年前半に使用しているミュートは「カップ・ミュート」が主流で、「ハーマン・ミュート」を頻繁に使用するのは1950年代中頃から)使い、ビブラートをあまりかけず、速いパッセージや跳躍の激しい演奏などといったテクニックにはあまり頼らないことがあげられる。また、ディジー・ガレスピーのようなハイトーンを避け、中音域がトランペットにおいて最も美しい音がでる、として多用し、音から音へ移動する場合、半音階を用いている。
後には、無駄な音を一切出さないといった方向性にも繋がっていき、メンバーにもそういった方向性を暗黙裏に求めた[独自研究?]。楽曲上の主な特徴は、初期においては、テーマの後、それぞれが順にソロ演奏を行い、その間バックアップとして呼応したり煽る事はあっても、アドリブ演奏を同時に2つ以上ぶつけることはせず、その後、再びテーマに戻って終わるといった、ジャズでの典型的なものである。1960年代以降は、テーマに戻らずに終了する作品も見られる。また、1980年代のステージでは、トランペットの他にシンセサイザーも演奏することがあった。
スタジオ盤においては、収録時間の関係上、編集でカットされたり、つなぎ合わすことが多かったが、音を差し替えることはなかった。ステージに於いては、他のミュージシャンにもいえるが[独自研究?]、スタジオ収録の新作曲や最先端の音の披露よりも、その時の楽器編成で有名な曲を演奏する事が多かった。
クラシックなどのアレンジも研究し、クール・ジャズや後の完全にアレンジされたジャズにおいて、その成果が発揮された。特に、彼が導入したスタイルにモード (旋法)がある。これらは、チャーリー・パーカーらが創出したビバップに限界を感じ、コードが導入される以前の古い教会旋法を積極的に採りいれたアルバム『カインド・オブ・ブルー』で、モード・ジャズの発端を開いた。
他にも、ブルースやロック、はたまたヒップホップなども採り入れ、ジャズを超えた、様々なジャンルの音楽に注目していた。1967年頃マイルスはブルースが大好きでマディーウオーターズ、BBキングのボイシングをどう取り入れようかと考えていたという。そしてジミ・ヘンドリックスやプリンス、ジェームス・ブラウンやスライ・ストーンを高く評価していた話はよく知られているが、ジミとの共演は非公式なセッションだけで終わり、プリンス作曲の「ジェイルバイト」の音源は、今も未発表のままとなっている。ただし、ブートというかたちでプリンスと共演したもう1つの作品「キャン・アイ・プレイ・ウィズ・ユウ」は出回っている。この曲は元々、アルバム「TuTu」に入る予定であったが、曲調が他の収録曲と合わないため、外れた。また、『ユア・アンダー・アレスト』では、スティングがナレーションでゲスト参加し、マイケル・ジャクソンやシンディ・ローパーのカバーも収録している。
音楽的には柔軟で先進的な姿勢のマイルスも、フリー・ジャズの分野には手を染めず、オーネット・コールマンを批判したこともある。ステージパフォーマンスにおいては観客に背を向ける事が多く一部批判されたが、ケニー・ギャレットは「彼は指揮者なんだ」と擁護する発言を行っている。
スポンサーサイト

ンフィス・スリム Memphis Slim

1916年にメンフィスで生まれ、1988年にフランスのパリで亡くなりました。 ピアノ奏法はルーズヴェルト・サイクスの影響下にあります。1939年にシカゴに出てビッグ・ビル・ブルーンジーと知り合います。初レコーディングは1949年です。1940年代後期から1950年代中期にはサックスの入ったR&Bバンドを率いて活躍をしました。1950年代末にはフォーク・ブルース・シンガーとして人気を得て、1963年にフランスに移住して古いブルース・ピアノの継承者として人気がありました。

新しいとしをむかえるにあたって


深夜の長距離バスだ。
たいてい、こういった深夜の長距離バスでは眠れないという人が多いが
おれは、どっちかというと、熟睡できる
だからあまり苦にならない・・・のだが
今回は別だった。
同じバス停から乗ってきた外国人がおれの前の席だったのだが
 
眠り方が、豪快だった
 
いびきは日本人離れどころか人間離れしていた
でかい音だw
しかも再々にわたって寝言を言う
常にレム睡眠状態だw
寝言は当然英語だ
「・・・・・・・fikaso oskasia sniask siasi!」
「・・・・・・tisjoa sjnasi giajssi wisi ssiamsp・・・・」
あーーー
なんて言ってるのか気になる??
 
というわけでうるさいし気になるしなかなか眠れない
 
出発してすぐ眠りだしたこの外人、イギリス人らしい
出発して3時間経過・・・・夜中の2時ごろ、この外人が目をさまし
トイレにいった
 
しばらくするとトイレから
「オオーーーーーーーー●×△△●!」
という声が聞こえたと思うと
「オーマイガット!」
あーーーー
あかんで? あかんで?
「おーマイガット」を言い出したら、やばいことが起きてるにちがいない・・
 
あとでトイレ行ったら、トイレットペーパーが、芯ごと全部床に落ちてびしょびしょだった・・・orz
何をしてたんだ
というか どれほど紙使うつもりだったんだw
 

車なの?!

積雪でした
さむいよ
 
もう
冬なのね
 
sekisetu2
 
国道の峠あたりは昼間でも
路面が凍結
 
sekisetu
 
山道ドライブが好きなおれにとっては
残念な季節がやってきた
 
もうすぐおれは
死ぬのだろう
 
------------------------------------------------------------
みやーび!
 
新しいアルバムはとってもかっこよかた

車はどうして

110000.jpg
うちのクワトロがとうとう110000キロの大台にのった
なかなかの走行
この3ヶ月で約12000キロか、なかなかよく走ってる。
 
ヨーロッパじゃ20万超えや30万超えの車が
ばんばん走ってるらしい
長距離走るのが当たり前なのか
 
走行距離が長いからといって車がボロくなるとは
言い切れない
むしろあまり走ってなかろうと経年すれば
痛むという部位のほうが多いらしい
 
走行距離が20万超えていても
年数が3年くらいしかたってなければ
走行距離が5万以下でも10年経ってる車よりも
だいぶマシなのだ
 
いちおう30万まで乗れたらいいなとは思ってる
 
とりあえず111111キロのときに
もっかい記念撮影しようかな
 
多分今年中に達成するだろう

たぶんおれはもうすぐ死ぬだろう
 
-------------------------------------------------

来室数

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

プロフィール

ゆういち

Author:ゆういち
MMOプレイなどの日記ブログへようこそ

バナー
banner

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ちょっと一言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。